さるふぉうらかん。


萌えたら更新裏ぺーじ。    今は主にアカギ。        師走冬子
by salpho
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
web拍手
カテゴリ
以前の記事

メタナイト育成日記

c0127725_15441736.jpg

●育成日記(アイク)
突然岩陰から野良モンスターが飛び出して来た
意外な姿に一瞬驚いたが負けるわけにはいかない

もちろんブリーダーとして俺の取るべき行動は一つだ




○育成日記(マルス)
最も恐れていたSランクの野良モンスターが出現してしまいました。

しかもその野良モンスターはメタナイトと同じ「ニャー系」だったのです。

なのでメタナイトとほぼ同じステータスですがランクはこちらの方が
下で手持ちの技の数も少ないので圧倒的に不利な状況です。
向こうもメタナイトと同じく力と速さに秀でているタイプなので弱点を
突くことも出来ません。

かなりメタナイトにとって形勢不利だと判断し考えを聞こうとアイクを
見たらアイクは早くもラグネルを構えていたので盛大に吹きました。

「ブリーダーが戦闘に参加するのはルール違反だよ!」と
呼びかけた僕に向かってアイクは真顔で
「そんなルールは知らん」と言い放ちました。



アイクー!!!!



キミのことを『良いブリーダーになる』と信じた僕の言葉は撤回させて
もらうから!


「お前はいつもみたいに俺より先にファルシオンを抜かないのか」と
聞かれたので僕は黙ってしまいました。


…それは。


相手のモンスターはただのニャー系ではなくメタナイトと全く同じ種類の
「ニャンバット」だったからです。



いくら相手が凶悪な野良モンスターとはいえ見た目も仕草もメタナイトと
全く同じ可愛い彼をどうしてファルシオンで斬りつけられるものか。


しかも彼はブリーダーに捨てられた野良です。
僕たちのような味方は誰もいません。

怒りと憎しみで瞳を真っ赤にして威嚇している彼を3人がかりで
倒すなんてとても出来ない。


かといってあまり勝ち目のない勝負で僕らの大切なメタナイトに
怪我をさせるわけにもいきません。



一体どうしたらいいんだろう














マ「…リセットボタン押しちゃダメかな…」
ア「!!!」
[PR]
by salpho | 2008-09-01 15:44 | メタナイト育成日記
<< まるめた マルスVSアイク >>


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧